年明け恒例「Macworld Expo 2008」

あけましておめでとうございます、というには遅すぎですが、
今年もよろしくお願いします。
さて年明け恒例のMacworld Expoですが、今年も注目の製品が発表されました。
MacBook Air
makbookair01まあ、こりゃ持ち歩くのが憚れるほど薄いですね。満員電車に突撃する際は、ハードケース必須な感じです。スペックについては、まあまあですかね。上位版にはSSD(ソリッドステートドライブ)が搭載されています。
自分は、MacBook Proユーザーですが、遊びで欲しいかな。仕事にはちょっと向かないかな~。あ、プレゼンとかにさっとだすと目立つかも。うん、それはいいかもね。
その他に、iPod touch用ソフトウェアのマイナーバージョンアップ(なぜか有料)とか、Time Machineに対応した無線LANベースステーション「Time Capsule」(これも標準でLeoardが無線対応しないので実質有料で機能追加)、「Apple TV」に「iTunes Store」の楽曲を直接購入できる機能を追加(米国と同じサービスにしてほしい)とか……だったわけです。
相変わらずサプライズの製品があって、Appleらしさを感じることができました。

2 thoughts on “年明け恒例「Macworld Expo 2008」

  1. どうも、あけましておめでとうございます!
    Airは、かっこいいけど、modoが基本の私にはちょっと使えないっす。遊びで欲しいって感覚は良くわかりますね。SSDにして見せびらかしたいw
    脱獄していない私は、すかさずアップデートしましたよ>Touch 気になったのは、「1月のアップデート」ってなってたこと。これからチョコチョコ小銭を削られるのかな。。。
    今年もよろしくです~:)

  2. >いわいさん
    かなり遅れてのレス、申し訳ありません。
    Touchのアップデートは、かなりいいですね。
    もう脱獄はいいかな~と思っています。
    最近、ずっとモンスターハンターにはまっていて、ブログ更新できていませんが、今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。