少々不安

MacBookPro
8月の初旬にブラックアウトの症状が出て8月末に修理した私のMacBook Proですが(現在は無償修理対応)、どうやら修理の際に交換しているLogic Boardが最近Rev.2になった模様です。私は8月修理なので1つ前のLogic Boardです。
で、そのRev.2に修理した人の話だとTimeMachineのバックアップのリストアができなくなるという症状が出ているそうです。原因は、どうもMAC Addressの変更らしいです。無線モジュールが変更になるのかな~


ここで一つ不安なことが…
1. 私のMacBook Proは、対策版のRev.2ではない

2. 再度GPUがお亡くなりになる可能性がある

3. GPUがお亡くなりになると、画面がまったく映らない

4. Appleに無償修理プログラムをお願いする

5. Rev.2のLogic Boardに交換

6. MAC Addressが変更になる!
このMAC Address変更が鬼門なんですよ。MAC Addressに固定してライセンスを発行しているソフトが結構あるんですね。ZBrushなんかは、ライセンス解除がソフト上でできるのですが、実際にまたGPU不具合が起きると画面が見られない=ライセンス解除できない、となります。その場合、長い英文で言い訳をメールにしたためてPixologic様やAutodesk様に送らなければなりません。
まあそうなったら、仕方ないか…
[追記]
よく考えたら、トラブったら嫁さんのマシンからリモートデスクトップで
解決じゃね?と思ったり…設定しておくことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。