District 9(第9地区)観てきました

実写版HALO製作を断念したピーター・ジャクソンと二ール・ブロムカンプ監督。そこでブロムカンプ監督の短編「Alive in Joburg」を長編に作り直しちゃえとピーター・ジャクソンのお墨付きで好きなように作ってしまったとかしないとか…そんなDistrict 9(邦題:第9地区)を観てきました。

ある日、突然やってきたどでかいUFO。そこから現れたエイリアンは難民だった…。地球に定住したエイリアンは、人間と居住区を分ける為に南アフリカのヨハネスブルグ「第9地区」に隔離され地区はスラム化していく。それから20年後、住民とのトラブルや犯罪が頻発した為、郊外の「第10地区」への強制立ち退きの計画が持ち上がり、南アフリカ政府はMNU(Multinational United:民間軍事会社)に依頼して計画を実行に移す。この計画のMNUリーダーに選ばれたヴィッカスは、第9地区の住民であるエイリアン達に立ち退きの書類にサインをさせる作業中、ある液体をかぶってしまい、そこから大変な事態に陥ってしまう…。

基本的には、クローバーフィールド(まだ観てないけど)みたいな手持ちカメラのドキュメンタリータッチの映画です。役者さんはほとんど知らない人ばかり。でもすごいリアリティ!すごいおもしろい!なんていうかスラムにエイリアンが普通に暮らしてて猫缶大好き、なんていうすごい設定を超絶リアリティで表現してしまい、観る側を納得させてしまいます。WETAが大々的に製作に参加していますよ。またストーリーの根底には観客への何か考えさせられるメッセージのようなものも込められているような気がしました。お勧めの映画です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。