新Power Mac G5

Apple、新しい「Power Mac G5」を発表
全部Dual CPUなんですね。最高クロックが2.7GHz。全モデルTiger搭載。
まだまだIntelには追いついていないと感じられがちですが、もともと
RISCとCISCの違いもあるので一概にクロック数で性能は語れないです。
スーパードライブも全機種採用で、すべて2層焼き対応。
むむ。欲しいのですが、買ってもOS9をいまだにメインにしている私には
猫に小判ですかね。

2 thoughts on “新Power Mac G5

  1. こちらにも、お邪魔しちゃいました。
    RISC陣営は、その洗練されたアーキテクチャーとは裏腹に、
    商業的には成功しているとは言えませんね。
    売れているのは、ARMプロセッサーくらいでしょうか?
    逆に、CISCの代名詞みたいに言われているx86系も
    その内部では、RISCと同じような技術が。
    どちらでも良いので、速くて安定しているマシンが欲しいなぁ。。。

  2. >Zieyaさん
    書き込みありがとうございます。こちらでも宜しくお願いします。
    もうCISCやRISCを論じること自体、時代遅れのような気がしますね。
    PowerPCやPentiumも同じように工業用の組み込みPCに採用
    されていますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。